SEASON

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

タックギャザースカート タックのたたみ方  

先日、簡易レシピをアップしたタックギャザースカートのタックのたたみ方について数件お問い合わせをいただいたので、(私なりの手順で恐縮ですが)方法をお知らせしますね。
(やり方はいくつもあると思いますので、これも一例としてご参考にしてください)


<ウエスト 1.5㎝間隔タックの作り方>

dt_01.jpg
定規をあてながら、ハサミの刃先を使いタック奥(1.5㎝)→タック山(3㎝)→タック奥(1.5㎝)→タック山(3㎝)・・・を交互に繰り返しながら小さな切り込みを入れる。
・前後スカートを縫い合わせるための縫い代を1㎝とってからタックの切り込みをスタートする
・最初のタックの切り込みはタック奥になるようにする(こうすることで、前後スカートを縫い合わせた時に縫い目がタックの中に入ります=タック奥)、終わりのタックは3㎝で終わるようにする。
・定規の目盛
“1.5→4.5→6→9→10.5→13.5→15→18→19.5→22.5→24→27→28.5”の箇所に切り込みを入れると「山と奥」に切り込みが入ることになります
※この切り込みの間隔は間違えないように慎重に行ってくださいね
(チャコペン等で印をかくより、切り込みの方が断然つくりやすいです)

dt_02.jpg
わかりやすいように、タックの奥→黒、タック山→赤で印をつけてみました。
前後のスカートの縫い合わせ箇所のタックは画像を参考にしていただき、タックがつながるようにしてください。


dt_03.jpg
脇を縫い合わせるとこんなカンジ。
・スカートが“わ”の状態になっています

dt_04.jpg
タック山をつまみながら、タックをたたみ待ち針でとめておく。
・この作業はアイロン台の上で行ってください


dt_05.jpg
タックをたたんだ状態
・前後スカートを一度にタックをたたむのではなく、前スカートのおさえ縫いが終わったら後スカートのタック作りをすると作業がしやすいです


dt_06.jpg
待ち針を外しながら、アイロンでおさえていく。
・アイロンでおさえる範囲は端から2-3㎝程度で大丈夫です


dt_07.jpg
タックがずれないように待ち針で止めておきます
・この作業時に、生地の下に定規を入れておくと、アイロン台を一緒にとめてしまうことが無くなります

dt_08.jpg
待ち針を縫う直前まで刺したままミシンで端から0.8-0.9㎝の位置を縫う(タックをおさえる)
・タックがたたまれている方向に注意してミシンをかけてください(画像の方向)
 (下糸側はタックが折ってある方向に従うようにするとストレスなく、ミシンで縫えますよ)
・待ち針を付けたまま、縫うことはしないでくださいね

dt_09.jpgdt_10.jpg
表側(タック山=赤)と裏側(タック奥=黒)


dt_11.jpg
ウエストから見るとこんなカンジ


あとは、ベルト布をつけて、ゴムを通せば完成です^^v


<ポイントのまとめ>
・タックの間隔は1.5㎝→3㎝の順に間違えずに切り込みを入れる
・アイロンでタックをプレスする
・タックのたたまれた方向に注意しながらミシンをかける


初めてタック作りをする方は、布でタックを折る前に、紙で練習するとよくわかると思います。



もっとこうすると簡単でキレイに出来るわよ~という方法をご存じの方がいらしたら、是非教えてくださいね^^v


category: 子供服

tb: --   cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。